2005年01月26日

ニンテンドーDS 本体・ソフト出荷修正

 本日発表された業務・財務状況によると、ニンテンドーDSの出荷数について変更があるようです。
 本体が3月までに累計600万台出荷(前回発表500万台)、ソフトは1000万台出荷(前回1500万台)となりました。
 本体が好調なのに対し、ソフトは伸びが悪いようです。原因は、本体発売の時に、本体が好調なのに対し、本体1台当たりのソフト購入率が低かったことが言えます。もう1つは、全体的にソフトが品薄になっていた事ですね。「きみしね」や「バンブラ」などが特にそうでした。

 本体出荷も最近鈍っているので、明日は「キャッチ!タッチ!ヨッシー!」共々健闘してくれることを祈ります。
posted by にんてんまん at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニンテンドーDS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49751

この記事へのトラックバック