2005年04月16日

リニューアルしたドラえもん

 4月15日、リニューアル1回目の「ドラえもん」が放送されました。
 まあ、それに関しては何回か書いているので、今回は新アニメの感想をさらっと。
 ビデオで録画したので(我が家にはHDやDVDレコーダーはないのだ)、今日見ました。

 まずオープニングですが、女子十二楽坊の演奏で、歌はなしでした。
 ドラえもんが青くなった時のことのようですが、やっぱり歌なしは違和感がありました。せめて、「ハイ!タケコプター」ぐらいは声があったほうが良かったのではないでしょうか。

 「勉強べやの釣り堀」「タイムマシンがなくなった!!」「思い出せ!あの日の感動」の3作品が今日放送されたわけですが、さりげなくママ(玉子)とパパ(のび助)の声も新しくなっていますね。
 あとは、のび太の家や、キャラクターの描き方も変わっていました。

 絵に関しては、背景のリアルさとキャラクターのアニメチックさが全然かみ合っていません。
 原作のような画風になったのはいいのですが、やっぱり何か浮いている感じです。

 声は、スネオ・ジャイアン・玉子・のび助は良いと思います。しかし、ドラえもん・のび太・しずかに違和感がありました。一番違和感があってはいけない部分に違和感がありました。
 やっぱり、声が高いのがだめなのでしょうか。

 物語は、原作を生かしているので、これで良いと思います。

 全体的に見ると、「やっぱり慣れ」でしょうか。
 原作通りなのも良い点ですし、キャラクターも割とすぐ慣れるかもしてません。
 声はどうなるか分かりませんが、もうちょっと様子を見てですね。

 やっぱり、幼いころから親しみのあるドラえもんだし、簡単に捨てたくないのです。
posted by にんてんまん at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49719

この記事へのトラックバック